BASF、エラストランを用いた合成皮革で自動車用シートの快適性を向上 | flipify- flipify.info

BASF、エラストランを用いた合成皮革で自動車用シートの快適性を向上

ニュース 新製品
エラストランを用いた合成皮革
  • エラストランを用いた合成皮革
BASFは、合成皮革大手メーカーのSuzhou Ruigao New Material社が、中国自動車メーカーの最新モデルに使用される合成皮革の生産で、エラストランのグレードB50A12CFを採用したと発表した。

BASFの熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)「エラストラン」は、溶剤を使用することなく直接生地に押出成形でき、中間層が不要となるため、合成皮革の生産工程を大幅に簡略化できる。

またエラストランを用いた合成皮革は、耐久性や耐摩耗性だけでなく、高い機械的特性から、自動車用シートや家具用途に最適。素材がソフトで薄く、柔軟であるだけでなく、染色やエンボス加工も簡単になり、色やデザインの選択肢が広がる。

BASFでは、エラストランの提供により、合成皮革生産用ポリウレタン(PU)システムの「ハプテックス」をはじめとした合成皮革シリーズのラインアップを拡充していく。
《纐纈敏也@DAYS》

関連記事

関連ニュース

特集

page top