マイクロソフトが自動運転への対応などを重視する「コネクテッドカー用プラットフォーム」を発表…CES 2017 | flipify- flipify.info

マイクロソフトが自動運転への対応などを重視する「コネクテッドカー用プラットフォーム」を発表…CES 2017

ニュース ビジネス
マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームのイメージ
  • マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームのイメージ
マイクロソフトは1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、「マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォーム」を発表した。

マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームは、各社が独自のネット接続されたドライビング体験を創造できることを支援するために設計された、マイクロソフトの「Azure」クラウド上で構築されたサービス群。

このプラットフォームは、クラウドを基盤とするプラットフォームであり、マイクロソフトのパートナーが重要性を指摘した5つの中核シナリオ、予防保守、車内プロダクティビティの向上、先進的ナビゲーション、顧客のインサイト、そして自動運転への対応を重視している。

マイクロソフトのクラウドは、コネクテッドカーから大量のセンサーや使用動向データを収集し、自動車メーカーがそれを有効活用できるようにすることで、困難な課題の解決を支援する。

マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォームは、2017年後半に提供を開始する予定。同社は、「バーチャルアシスタント、ビジネスアプリケーション、オフィスサービス、Cortana、Dynamics、Office 365、Power BI、Skype for Business といったプロダクティビティツールなど、マイクロソフトの全社横断的なインテリジェントサービスを、自動車の世界にもたらす」と語っている。

【CES 2017】マイクロソフト、コネクテッドカー用プラットフォームを発表

《森脇稔》

関連記事

関連ニュース

特集

page top