【カーオーディオ・マニア】日産 ジューク by ウェイブ トゥ ポート 後編(オーナー:本池恭介さん) | flipify- flipify.info

【カーオーディオ・マニア】日産 ジューク by ウェイブ トゥ ポート 後編(オーナー:本池恭介さん)

特集記事 インタビュー

car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
  • car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編
試聴を繰り返して厳選したお気に入りのスピーカーへの交換で驚きの音質アップを体験するオーナー。インストールをお願いした鳥取県のウェイブ トゥ ポートで他のオーナーと知り合う中で次なるステップアップのヒントを得て豊かなオーディオの世界がはじまった。


◆スピーカーの交換で
ニヤニヤが止まらない

ショップに何度も通ってようやく見つけた自分好みのスピーカーであるヘリックス・P62C。いよいよ愛車へのインストールを経ていざ音出し。「はじめていいたときはスゴかったです。音楽を聴きながら、ついついニヤニヤしちゃいました」。音が出た瞬間に望み通りのサウンドになっていることに感動したオーナー、計画していたこととはいえ実際に音質アップを体感すると嬉しさがこみ上げてきたという。「自分で狙って探した音が自分クルマの中で楽しめる、こんな楽しいことないですね。それからは通勤でもドライブでもオーディオの心地良さを常に体感して走ってます」。

そんな充実の日々を過ごしていたオーナーが、ある日ショップに顔を出したときに、常連ユーザーのクルマが来店していたので音を聴かせてもらうことにした。するとあまりの高音質ぶりに「音にはまだまだ上があるんだ!」と思い知ることになる。

そんな経験をしたオーナーはいてもたってもいられなくなる。「最初に音の出口であるスピーカーをレベルアップしたのだから、次は音の入り口をレベルアップしよう」と思い立つ。すでに純正ヘッドユニットでは調整機能も無く不満が募っていたのも事実だった。そこで、ショップで見る他のクルマにも多く取り付けられていたダイヤトーン・サウンドナビに注目した。「自分の中ではダイヤトーン・サウンドナビが付いているクルマは音が良いという印象だったんです」。こうしてスピーカー交換から半年経たずにダイヤトーン・サウンドナビの導入を決定する。

◆サウンドナビによって
臨場感を飛躍的アップ

スピーカーを交換して音を聴いたときの衝撃も強烈だったが、ダイヤトーン・サウンドナビを取り付けて、しっかり調整した音を聴いたときも大きな衝撃を受けたという。「ダイヤトーン・サウンドナビを取り付けて、はじめて音を聴いたときの満足感は今でも覚えています。しっかり調整した音はとにかくスゴかったです。運転席に座って音を聴いていると目の前に音楽を演奏している空間が現れたんです。臨場感というか音楽のリアルな雰囲気まで伝わる音になっていたんです。これには本当に驚きました」。

この時のオーナーのストレートな感想は「サウンドナビってすげーな!」だった。それまできれいな音で心地良く音楽を聴きたいと思っていたが「音楽を聴いていて“グッとくる”という感覚を味わったのもこの時がはじめてでした」。それほどリアルなサウンドが再現されていたと言うことだろう。「このリメイクで自分のクルマは完成形になったなと思いました」。

スピーカーやナビなどのユニットの取り付け、調整を経て愛車のシステムが一通り完成すると、オーナーの興味は高音質な音源にも及んでいった。「自分のクルマの音がどんどん良くなっていくと次にハイレゾ音源にも注目しました」。最初はハイレゾが何かも知らなかったオーナーだったが、教えられるままに最初のハイレゾを音源を買って聞き始めるとその高音質にすっかり魅了される。「テイラー・スイフトやノラ・ジョーンズなどの好きなアーティストの音源を次々買って聞きました。ハイレゾの透き通る音を聴くと、それまで聞いていた圧縮音源がザラザラした音に感じられて……」。この感覚をいったん味わってしまったら元の音源には戻れなくなり、次々と好きな曲をハイレゾで揃えるようになっていく。


◆一人で音楽に浸る時間を
楽しめるようになった

オーディオの楽しさを知ったオーナー、聞く音楽のジャンルも日に日に広がっていった。「特にジャンルにこだわらず、自分が良いなと思った曲をフィーリングで選んで買っていってます」。こうして、それまでは聴いたことのなかったアーティストやジャンルの曲を聴くことも増える。またドライブや通勤などのいろんなシチュエーションで異なるジャンルの曲を楽しむことを覚えたという。以前はまったく聴くことが無かったクラシックも聴くようになったのもオーディオをシステムアップしてから。「良い音で音楽を聴いていると、いろんな曲を聴きたくなっていくのも新しい発見でした」。

「クルマの中で良い音を聴いている自分だけの時間に浸れるのが良いところだと思います。オーディオをインストールする前はそんな時間を持ったことは無かったんですが、クルマに乗って一人でゆっくり音楽を楽しむことも多くなりました」。

音楽の世界に魅了されたオーナー、次なるシステムアップも現在計画中だという。次期ターゲットにしているのはサブウーファーの追加。ショップのデモカーも何度も聞いて、その音の良さを感じているだけに「少しでも近づけたい」とシステムアップを検討している。「ショップのデモカーは自分のクルマとは比べものにならないですが、そのスゴさはわかるようになりました、目標はデモカーです!」。ますますオーディオと音楽の世界をディープに楽しむ日々が続きそうだ。

car audio newcomer! U-23 日産 ジューク(オーナー:本池恭介さん) by ウェイブ トゥ ポート 後編

《土田康弘》

関連ニュース

特集

page top