【東京オートサロン2018】ワイルド・スピード出演車両が見参!…ワーク(WORK) | flipify- flipify.info

【東京オートサロン2018】ワイルド・スピード出演車両が見参!…ワーク(WORK)

イベント イベントレポート

ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
  • ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両
ドレスアップホイールのワーク(WORK)のデモカーは、シュバートレグニスとクヴェルトで武装したレクサス『LS』『GS』そしてワークエモーションCR3Pを装着したダッジ『チャレンジャー』の3台。

このダッジ チャレンジャーだが、見たことがあると思った人は、かなりの映画通だ。しかも相当なクルマ映画(というジャンルがあるのかどうかは不明)ファンだろう。というのは、このチャレンジャーは映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」に出演したクルマだからだ。

ホイールだけ、昨年リリースされたCR3Pを装着したスペシャルモデルとのこと。CR3Pは名前のとおりスリーピースホイール。ハブ、アウターリム、インナーリムの組み合わせが可能で、配色も選べるのが特徴だ。デモカ―は左右でカラーの異なるタイヤを装着していた。左サイドはシルバーを基調としたタイプ。右サイトは、リムはアルミの質感を残したシルバーにメタリックグレーのハブ。タイヤサイズは、フロントが20インチ、10.5J。255/35ZR20。リアが20インチ、14J(!)。345/25ZR20となっている。

ブース担当者によれば、インチアップホイールのトレンドは、クリアカラーだそうだ。カッパーやシルバーにしてもクリア系で下地の色や素材感を活かしたものが人気だという。

ワークブース、345/25サイズを履いたワイルド・スピード出演車来襲!…東京オートサロン2018

《中尾真二》

関連記事

関連ニュース

特集

page top