【カーオーディオ・マニア】トヨタ カルディナGT-T by 東京車楽 前編(オーナー:石井伸昌さん) | flipify- flipify.info

【カーオーディオ・マニア】トヨタ カルディナGT-T by 東京車楽 前編(オーナー:石井伸昌さん)

特集記事 インタビュー

car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
  • car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編
クルマ好きの父親の影響を受けて純粋培養された石井さん。父親の愛車だったカルディナGT-Tを譲り受けてから、走り系のチューニングととににオーディオにも目覚める。クルマ全般のアドバイスをしつつオーディオのインストールを施したのは埼玉県の東京車楽だ。

(前編)
◆父親から譲り受けた走り屋仕様の
カルディナがすべてのはじまりだった

23歳以下の若いユーザーをピックアップしてクローズアップしているこの企画、今回登場してもらったのは若くしてちょい古のカルディナを乗りこなす石井さんだ。父の仕事の関係で子供の頃から海外生活が長かったというオーナー、20歳で日本に戻った際に、父の愛車だったカルディナを譲り受けることになったのだという。
「父はクルマが大好きで、さらに走りも大好きでした。よくサーキットにも行って走っていました。自分も子供の頃からバイクに乗せられたりして、家族の中ではモータースポーツが日常でした」。
 同時にオーナーの自宅にはホームオーディオのセットも置かれていたという。「タンノイの大きなスピーカーが置いてあって、いろんなレコードやCDもありました。子供の時からそのホームオーディオを操作していろんな音楽を聴いたりしていました」。

 自宅のホームオーディオのまわりに置かれていた音源は洋楽からジャズ、昭和ポップスまで多彩だったったという。
「いろいろ聞いているとオーディオによって音が違うこともわかってきて、オーディオのシステムにも小さな頃から興味はあったんです」。そんなオーナーが好きなアーティストはビリー・ジョエル、アンディ・ウイリアムス、ジェームス・イングラムなどのちょっと古めの洋楽。「これも完全に父親の影響ですね、家にあった曲のレパートリーがそのまま自分の好みに反映されているんだと思います」。

そんなオーナーがプロショップに足を踏み入れるのは父親からクルマを譲り受けた直後だった。「東京車楽の代表は父の古くからの友人だったこともあって、自分もお店に行くようになったんです」。とは言ってもショップに行って相談するのはオーディオではなく、もっぱら走り系のチューニングについての質問だった。しかし、ショップでカーオーディオの話をしているうちに徐々に興味がわき上がってきたのだという。


◆エントリーからハイエンドまでの
カーオーディオの幅広さに興味を持つ

「お店に来た最初の頃は足まわりの相談だったと思うんです。ホイールやサスペンションなどのことも事細かく相談にのってもらって、なおかつ的確なアドバイスやパーツセレクトをしてくれました。部分的なペイントなど、細かな加工などのオーダーも受けてくれるなどほんとうに頼りにしていました」。
 そんなある日、ショップに置いてあったカタログをふと見たことからオーディオ熱が盛り上がることとなった。いくつものカタログを眺めていてオーナーは思ったと言う「カーオーディオにも高級品とベーシックモデルとではすごい価格差があるんだ! この違いは何だろう」と思ったのだという。

また同じ頃、ショップに入り浸っていたとき、やってくる客の車をのぞいたりしたと言うが、数百万円レベルの高級なシステムを組んでいるユーザーがゴロゴロいたという。
「走りの趣味とはまったく違うけど、こんな面白そうな世界があるんだ」とあらためてオーディオを注目したのはその時だったという。それまでは走り一辺倒だったオーナーだったが、カーオーディオという新たなクルマの楽しみ方を発見した瞬間だった。

とにかくクルマをカッコ良くしたかったオーナー。外装をリフレッシュしたのと合わせてオーディオも組もうと計画することになった。「自分の中では、“きれいな外装”と“良い音”はカッコいいクルマには欠かせない要素だったんです」。走りもスタイリングも良くて、なおかつ音も良いクルマを目指してモディファイを開始した。「中でも音の良いオーディオって女性にもアピール度高いでしょ、女の子を助手席に乗せたときに効果があるのもオーディなんじゃ無いかと思ったのも一因でしたね」。


◆ヘッドユニットの交換だけで
大幅な音のレベルアップを実感

オーディオシステムをグレードアップする事になったオーナー、最初に手がけたのはヘッドユニットの交換だった。クルマの年式も古かったので純正の音が??だったのも交換を考えた大きな原因だった。父親が以前、社外のヘッドユニットを入れていたと言うが、格安品だったこともあり純正と大差ないサウンドだったという。
そこで今回チョイスしたのがカロッツェリアのDEH-970だった。音の良さに加えて調整機能もしっかり備えている点、またUSBをメインにして使うにも絶好の仕様だった。

ヘッドユニットの交換を実施して、でき上がったクルマをはじめて聴いたオーナーはその変化に驚いたという。「音が激変していました! はじめて聴いたときにはほんとうに驚きました。細かな調整もしてもらったんですが、こもった音が無くなりスッキリした音になったのが好印象でした。また定位もクッキリと明確になっていて音がすごく立体的に感じられるようになっていました。スゴく良い音になったというのが正直な感想でした」。

DEH-970に備わっている調整機能とプロショップのワザを駆使してサウンドチューニングを施したこのクルマ、タイムアライメントを施した音を聴いたことのなかったオーナーにとっては衝撃だったようだ。他の調整機能もフルに使って快適な音を作り上げた。
「オーディオは調整も大切なんだと言うこともわかりました」。
さらに使い勝手をアップするために、ダッシュボード上部を加工してiPodを設置するホルダーの固定マウントを取り付けた。将来的にはiPadをダッシュに埋め込み設置することも考えているという。

「ここまで音が良くなったらさらに上を目指したくなりました。洋楽全般はもちろんジャズもJ-POPも聴くのでバランス良い音に仕上げていきたいと思っています」。ヘッドユニット交換でオーディオ・システムアップの楽しさを知ったオーナー、さらに高音質なシステムを作るために動き出す。次回はそんなシステムアップのお話しを紹介しよう。

car audio newcomer! U-23 トヨタ カルディナGT-T(オーナー:石井伸昌さん) by  東京車楽 前編

《土田康弘》

関連ニュース

特集

page top