【ノスタルジック2デイズ】これぞ正真正銘のインターセプター!映画「マッドマックス」シリーズの世界観、ついに完成! | flipify- flipify.info

【ノスタルジック2デイズ】これぞ正真正銘のインターセプター!映画「マッドマックス」シリーズの世界観、ついに完成!

イベント イベントレポート
映画「マッドマックス」のインターセプターを忠実に再現。仕様は初代のマッドマックスに准じたものだ。
  • 映画「マッドマックス」のインターセプターを忠実に再現。仕様は初代のマッドマックスに准じたものだ。
  • フロントマスクやルーフスポイラー、ホイールなども完全にオリジナルを再現。
  • 凄みの効いたフロントマスクは、その後のアメ車のデザインにも影響を与えたようだ。
  • ボンネットから突き出るスーパーチャージャー。映画ではモーターで回していたギミックだったが、こちらはスイッチで作動を実現。
  • スーパーチャージャーやエンジンの制御はモーテックで行なう。さらにディスプレイロガーやスイッチ類もモーテック製。配線もすべて引き直した。
  • 昨年からマフラーの規制が緩和されて実現したサイド出し。これで排ガスや音量規制もクリアしている。
  • オーナーはAVOのマネージャーで、このクルマを通勤にも使っているらしい…。
アラフィフのクルマ好きには、多かれ少なかれ影響を与えている映画に「マッドマックス」シリーズがある。ガソリンを奪い合う狂気の世界で警官を務めるマックスが、凶悪化した暴走族を成敗するなど、ワイルド感満載のカーアクション映画だ。そこでマックスが操ったスーパーチャージャー付きの特殊パトカーが「インターセプター」だ。

ブランクはあったものの2015年にもシリーズ4本目となる続編も作られるほど世界中にマッドマックスのファンは多い。インターセプターのレプリカもこれまで何台も製作され、日本だけでも10台近くが存在すると言われている。

そのインターセプターを限りなく忠実に再現したマシンが、ノスタルジック2デイズに登場した。実を言うとこのマシン、先日の東京オートサロンで初お披露目されていたのだが、会場があまりに広くて(しかも北ホールでの展示だったらしい)見逃してしまっていたのだ。それだけにノスタルジックで現物に会えて喜んだのは筆者だけではなかったようで、かなりの注目を浴びていた。

そもそも大柄なオーストラリア・フォードの『ファルコン』というクルマがベースで、オーバーフェンダーを装着して車幅は2.1m、ブラックにペイントされたボディは圧倒的な存在感を放つ。

しかも細部に渡ってリアルさを追求。ボンネットから突き出るスーパーチャージャーはシフトノブのスイッチで作動をオン/オフできるようにしている。映画の演出だったギミックを実車で再現するのは大変だったようだが、通称フルコンと言われるレース用のエンジンマネージメントシステム、モーテックによって制御することで可能になったらしい。

実はこのマシン、オーストラリアのフルコン、モーテックの日本代理店であるAVOのマネージャーの愛車だとか。ブースのAVOスタッフに話を聞いたところ、オーストラリアのクルマを日本で登録すること自体が難しく、あらゆる部分の強度などの証明が求められ、公認のための書類が20cm近い厚みになってしまったそうだ。これらは公認車検業者のTICがすべて対応したと言う。

ちょうど昨年、規制緩和もあって両サイドから上に突き出るサイド出しマフラーも公認可能になるなど、タイミングも味方して、ほぼ想像通りの仕様に仕立て上げることができたそうだ。オーストラリアのクルマ文化を日本の公道で再現。日本の厳しい法規をすべてクリアしたノウハウは、今後のカスタムにも活かされていくのは間違いない。

これぞ正真正銘のインターセプター、ついに完成!…ノスタルジック2デイズ

《高根英幸》

関連記事

関連ニュース

特集

page top