“ダブルアクションを超えるダブルアクション”!! 新たなポリッシャー3タイプをプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ | flipify- flipify.info

“ダブルアクションを超えるダブルアクション”!! 新たなポリッシャー3タイプをプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ

ニュース 新製品

1本のコードで3台とも使えるので収納もコンパクト
  • 1本のコードで3台とも使えるので収納もコンパクト
  • カーポリッシュオーソリティの横山代表に使用してもらった
  • 新製品を手に取り、その効果を実感!
  • ダブルアクションだけでも…
  • これだけキズが消える!(右が施工箇所)
  • コード脱着式で作業がはかどる
  • 「新車なら1台あれば仕上がる」と太鼓判が押されたダブルアクション
  • 10メートルのコードを使用すれば、コンセントの場所をいちいち替える必要もない
京セラインダストリアルツールズ(今年1月にリョービのパワーツール事業を承継)は、新たにリョービの電子ポリッシャー3モデルの販売を開始した。それが、シングルアクションの「PE-202」、ギヤアクションの「PEG-132」、ダブルアクションの「PED-132」だ。作業の効率化など、現場が望むものがカタチになった本商品。今回は、実際にプロショップで使用してもらい、その魅力を体感してもらった。

◆プロショップで実力をチェック

話題の新製品の“戦闘力”はどれほどのものなのか? それを東京都板橋区の「カーポリッシュオーソリティ」で代表を務める横山宗一朗氏に試してもらった。

プロショップ絶賛のポリッシャー、お試しあれ!

新製品を手に取り、その効果を実感!

海外での技術指導経験を持ち、磨きに人一倍強いこだわりを持つ横山氏。そんな職人気質の同氏がまず驚きの声を上げたのが、ダブルアクションを使用した時だった。

「ダブルとは思えない研磨力。新車なら、これ1台あれば仕上がりますね。これまでにない、全く新しいスペックのポリッシャーを使っているという感覚です」

そのパワーを横山氏は、こう絶賛した。

「新車なら1台あれば仕上がる」と太鼓判が押されたダブルアクション

◆特許出願中…回転が止まらない!

それもそのはず。業界初『回転が止まらないダブルアクション』として特許出願中のPED-132は、電子制御による安定したパワーがウリの一つ。さらに、どれだけ押し込んでも、研磨熱が60度を超えることがないため、特殊なクリアコートにも対応可能となっている。

「メンテナンスのお客様に対しても、塗装面を磨き過ぎず、しっかりと仕上げられると思います」

その言葉を証明する光景(下写真)を、ご覧いただきたい。

これだけキズが消える!(右が施工箇所)

右側が、この日ダブルアクションで磨いた後のボディの一部なのだが、その研磨力は歴然。キズを気にせず、パワフルな磨きが実現するとあれば、作業効率アップは間違いなしだ。さらに横山氏は、残る2モデルについても称賛の言葉を口にした。

低速時のトルクの高さが魅力のシングルは「安定感がある。回転が弱まる場面も一切なかった」と評価。また、独自のパッド軌跡で、オーロラマークが出づらいギヤアクションについても「たたきキズが入りづらいイメージ。オービット(径)が7・7ミリあるということもあり、研磨力が優れていますね」と、その実力を認めた。

◆「作業がはかどる」コード脱着式

今回の新製品がすごいのはそれだけではない。施工者が便利と感じる、ある工夫が施されているのだ。それが『コード脱着式』という点。

「これは便利!磨いている途中に、深いキズを見つけ、ポリッシャーを持ち替えるケースは多い。そういうときに、本体だけ替えればいいので、作業がはかどります」

コード脱着式で作業がはかどる

コードは付属品の5メートルだけでなく(付属がないものもラインアップ)、別売りで10メートルも用意。コード1本で、3モデルの本体すべてに対応できるため、「出張作業のときにも荷物がゴチャゴチャしないし、楽ですね」(横山氏)と、そのメリットは大きい。

10メートルのコードを使用すれば、コンセントの場所をいちいち替える必要もない

◆大絶賛!「3モデルまとめて店に置きたい」

京セラインダストリアルツールズが自信を持って送り出す新製品は、さまざまなシーンで作業を助ける心強い味方になるだろう。この他にも騒音の低減や、低振動も実現。まさに施工者のことを考えた一品といえる。

数々のポリッシャーを使ってきた横山氏に「3モデルまとめて店に置いておきたいですね」と言わせた実力はホンモノ! 皆さんもぜひ、実際に商品を手に取ってみて、その効果を体感してもらいたい。

3タイプが登場
《間宮輝憲》

関連ニュース

特集

page top