Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
クルマ好きの家族に行ってほしい! 自動車文化を楽しめる体験の場「ト博 夏フェス!2018」 | flipify- flipify.info

クルマ好きの家族に行ってほしい! 自動車文化を楽しめる体験の場「ト博 夏フェス!2018」

イベント イベント情報
トヨタ 2000GTボンドカー(1966年 日本)
  • トヨタ 2000GTボンドカー(1966年 日本)
  • シボレー インパラ(1959年 アメリカ)
  • エドセル サイテーション(1958年 アメリカ)
  • オースチン ヒーレー(1958年 イギリス)
  • MGミジェット タイプTA(1937年 イギリス)
  • ロールスロイス コーニッシュIII(1991年 イギリス)
  • ホンダ ビート(1991年 日本)
  • スズキ カプチーノ(1995年 日本)
トヨタ博物館(愛知県長久手市)では、7月14日から9月30日まで、夏の全館イベント「ト博 夏フェス!2018」を開催する。

ト博 夏フェスは、館全体を「自動車文化体験の場」とした大人も子どもも楽しめるイベントとし、「企画展」「キッズ!クルマワンダーランド」「屋外展示・実演」「学ぼう!作ろう!キッズ ラボ」の4本柱構成となっている。

企画展は『クルマの「魅力」再発見!』をテーマに、「トヨタ 2000GTボンドカー」をはじめ、夏にふさわしいオープンカーを9台展示。タイプの異なるオープンカーを5つのグループに分け、イラスト背景とともにオープンカーの楽しさを訴求、またオープンカーの歴史も紐解きながら、クルマへの興味を喚起する。

「キッズ!クルマワンダーランド」では、子どもたちに人気のパトカー、救急車、軽ポンプ車など5台の「はたらく自動車展示」や大人も楽しめるぬり絵、子ども向けのワークブック配布等を実施する。

屋外展示・実演は『フィールドパフォーマンス「すご技実感!」』をテーマに、かにクレーン&ショベルカーの実演や昨年好評だった陸上自衛隊災害派遣車両&装備展など、さらに内容を充実させて実施する。

「学ぼう!作ろう!キッズ ラボ」では、水素燃料電池教室や工作・実験教室を通じて、子どもたちのクルマへの関心喚起、社会課題への意識醸成を図る。またウッドカーチャレンジでは木に触れながら環境意識を育み、今年初の試みとして生きた虫を観察しながら「夏の虫たちの図鑑つくり」を行うなど、環境をテーマとした内容を充実させた。ライブラリーでは、図書を使ってクルマの面白さを引き出すワークショップを行う。

入館料は大人1000円、65歳以上500円、中高生600円、小学生400円。なお、7月14日から9月2日は小学生の入館を無料とする。

トヨタ博物館「夏フェス」、大人も子どもも楽しめる自動車文化体験の場 7月14日-9月30日

《纐纈敏也@DAYS》

関連記事

関連ニュース

特集

page top