【カーオーディオ・マニア】キャンセリング対策とは?…「取り付け作業」のコツ&セオリー8 | flipify- flipify.info

【カーオーディオ・マニア】キャンセリング対策とは?…「取り付け作業」のコツ&セオリー8

特集記事 コラム
【連載】“取り付け方”で音が変わる? Part1 ドアスピーカー編 その8「キャンセリング対策とは?」
  • 【連載】“取り付け方”で音が変わる? Part1 ドアスピーカー編 その8「キャンセリング対策とは?」
カーオーディオ製品の取り付け作業にはさまざまなコツやノウハウが存在している。それらを1つ1つ深掘りして解説している当コーナー。まずは「ドアスピーカー」の取り付けにまつわるあれこれについて考察している。

今回から数回にわたっては、「キャンセリング対策」について解説していく。

まず最初に、“キャンセリング”とは何なのかを説明しよう。

ところで、ホームオーディオのスピーカーはスピーカーユニットが“箱”に装着された状態で完成品となっている。この“箱”にはどんな役割があるのかというと…。

結論から入りたい。この箱の主たる役目が、まさしく“キャンセリング対策”なのである。

これまでも何回か言及してきたのだが、スピーカーは裏側からも音を発している。スピーカーは、振動板を前後に動かして空気を震わせて音を伝えるのだが、裏側でもそのメカニズムが働いている。

なお、表側の音と裏側の音は、耳で聴く限りは同じ音だ。しかし、音波としては真逆の状態となっている。なぜに音波として逆の状態なのかというと、「表側と裏側では振動板の動きが逆だから」だ。表側で振動板が前に出ている瞬間にそれを裏側から見ると、振動板は奥に引っ込んだ状態となっている。

そして、波形が逆の状態の音が空間で交わると…。

とある困った現象が引き起こされる。それが、“キャンセリング”だ。音と音の“打ち消し合い”が起きてしまうのだ。

ホームオーディオのスピーカーの“箱”は、それを防ぐ役割を果たしている。スピーカーの裏側から発せられる音を閉じ込め表側に出ないようにして、“キャンセリング”を防いでいる、というわけだ。

さて、クルマのドアではどうなのかというと…。

これについては次回に詳しく解説する。乞うご期待。

【連載】“取り付け方”で音が変わる? Part1 ドアスピーカー編 その8「キャンセリング対策とは?」

《太田祥三》

関連記事

関連ニュース

特集

page top