【東京キャンピングカーショー2018】“40万円台”のDIYキットで「軽トラ」キャンパーを作る! | flipify- flipify.info

【東京キャンピングカーショー2018】“40万円台”のDIYキットで「軽トラ」キャンパーを作る!

イベント イベント情報
Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
  • Kトラハウス(東京キャンピングカーショー2018)
東京キャンピングカーショー2018の用品出展エリアで、来場者の熱心な質問を受けていたのが、軽トラックに載せてキャンピングカーにする組立キットだった。

開発したのは、商品名と同じ会社名の「Kトラハウス」(大阪府大東市に工場)。機械系と技術系畑の男性2人がタッグを組み、今年1月に起こしたばかりのベンチャー企業だ。

「2人ともアウトドア派でキャンプ好き。キャンピングカーは欲しいが、値段が高くて手を出せない。それで自分で作ろうとホームセンターなどに行って材料を探したが、なかなか思うようなものがなかったので、じゃあ自分たちで開発しようとなりました」。そう話すのは、柳生眞喜男代表。軽トラックに載せるシェルなら、コンパクトで安く収まると考えた。

設計は建築士に頼み、試行錯誤を繰り返しながら、今回、完成度の高い試作3号機をショーに間に合わせることができた。今月初めには組み立て体験会を行って、様々な意見なども取り入れたという。

出来上がったキャンピングシェル基本キットの値段は44万8000円。パーツは木材と外壁用のアルミ複合版、窓、ドアなどで、各サイズがカットされている。組み立てに必要な道具は、基本的に電動ドリルとクランプで、接着剤やコーキングガンを使う。

重量はそれほど重くないが、面積が大きいので取り回しのために2人以上で作るのを推奨している。キットには解説動画が用意され、専門的な知識や技能がなくても3日で完成するという。

柳生代表は「DIYの経験があれば、組み立ては簡単。内装はホームセンターなどで材料を調達して、自分好みに仕上げて楽しんでください。アウトドアなどの趣味はもちろん、キッチンカーやモバイルショップなどにも活用してほしいですね」と話している。

販売開始は8月下旬を目指している。

40万円台のDIYキットで軽トラキャンを作る…東京キャンピングカーショー2018

《嶽宮 三郎》

関連記事

関連ニュース

特集

page top