【カーオーディオ・マニア】スズキ ワゴンRスティングレー by  custom&car Audio PARADA 後編(オーナー:山野祐介さん) | flipify- flipify.info

【カーオーディオ・マニア】スズキ ワゴンRスティングレー by  custom&car Audio PARADA 後編(オーナー:山野祐介さん)

特集記事 インタビュー
car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
  • car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
18歳になりクルマに乗り始めるタイミングでオーディオショップと出会ったオーナーの山野さん。福井県のcustom&car Audio PARADAでスピーカー交換などを通じてオーディオの楽しさを知る。オーディオ仲間も増えてオーディオはすっかり生活に一部となった。


◆システムアップの中で体感した
DAPのグレードアップによる音質改善

フロントスピーカーの交換、パワーアンプやサブウーファーの追加といったシステムアップと順にこなし、愛車のサウンドを少しずつ向上させてきたオーナーの山野さん。次なる高音質化のターゲットとなったのは音源だった。元々はナビをプレイヤーとして使っていたのだが、手持ちのDAPを接続したらどうなるのかが気になってシステム拡張を開始。それまでDAPは携帯していくことが多くイヤホンで聴くのがメイン。そんなDAPを車載してクルマでも活用することを考えたオーナー。DAP接続に合わせてオーディオテクニカのDACを導入して周辺環境も整備した。
「良い音を追求していく中で音源もレベルアップすることで音を良くすることができるんじゃないかと考えたんです」。

DAPと外部DACの導入で音源での音質向上を実感したオーナーは、最近になってDAPのグレードアップも実施している。
「つい先日のことなんですがDAPをAK70にしました。声優のコラボモデルが出たこともあって買ったんですが、DAPのグレードをアップするとサウンドクオリティが大きく変化することがわかって驚きました。やっぱり音源って大切なんだと強く感じました」。

さらに映像面でのグレードアップとしてブルーレイ再生も取り入れた。こちらは家庭用のブルーレイプレイヤーをDIYで設置。ナビのHDMI接続する簡易的なスタイルでシステムに取り入れた。これで好きなブルーレイを車内で楽しむ環境までを整えた。これで愛車の再生環境は一気にレベルアップ。オーディオも映像も最新のソースを使えるようになり、ますます楽しさがアップしたという。


◆会社でもオーディオの話題で持ちきり
システムアップの相談ができる仲間もいる

愛車にオーディオをインストールして、車内で音楽を楽しむようになってから、オーナーの日常生活も徐々に変わってきたという。そのひとつが会社での交友関係だ。オーディオを本格的にインストールし始めてからは会社でのオーディオ仲間が一気に増えたという。
「会社には結構オーディオ好きな先輩や後輩が多かったんです。自分のクルマを見てもらったり聴いてもらうことも多くなりました。ある先輩に聴かせたら“良いなー”と言ってくれたのが嬉しかったです。しかしオーディオに詳しいベテランの先輩からは“まだまだやな”といろいろなアドバイスをもらったりしています」。
会社の休み時間にはオーディオの話題が出ることも多くなったという。そんな時に“次はどうすると音質アップに効果的なんですか?”と聞いて次のプランを練ることも楽しみとなっている。

「会社の後輩もオーディオに興味があると言ってたので、パラダに連れて行ったことがあるんです。するとその場でオーディオを組むことを決めてしまいました。しかもカスタムでスピーカーを埋め込むというインストールのレベルもすごく高いものだったんです。それを見て“これは後輩には負けていられないな!”と思いました」。
会社のオーディオ仲間達に触発されつつ、オーナーはもっと良い音、もっとカッコいいインストールを追求しはじめる。

さらに自宅でオーディオの話をする相手は弟。システムアップの話をしたり新製品の話題をいつもふたりで楽しんでいるとか。そんな影響もあってオーナーの弟もすっかりオーディオが好きになる。
「元々自分が使っていたDAPもいつの間にか弟が使ってるし、かなり弟もオーディオのことがわかってきています。ついにはオーディオ好きが高じてパラダにバイトに行ったほどです。そこでもかなりの知識を身につけてきたので、最近では弟の意見も取り入れることも多くなりました。ますます兄弟でするオーディオの話が面白くなってきています」。



◆好きな曲を聴きながらの夜のドライブは
オーディオの良さをたっぷり感じる瞬間

オーディオのある生活を始めてからクルマの利用方法も変わってきたオーナー。通勤の時間はもちろんだが、音楽を聴くためにドライブに出かけることも多くなった。
「女性ボーカルが特に好きなのでいろいろな曲を聴いています。聞くタイミングとしては仕事が終わってから帰宅するまでの運転中が主です。その時もまっすぐ帰るのではなく、少しドライブして音楽を楽しんでいます。その時間がすごく心地良いですね。家に帰ってからも夜遅くなってから音楽が聴きたくなってドライブに出かけることもあります。夜のドライブも大好きな音楽を聴きながらだとすごく快適になりますね」。

また、大好きな声優のライブにも愛車に乗って出かけることがある。
「ライブに行くときにどうしても欲しかったのが映像。それがあったのでブルーレイを取り入れたんです」。
仕事からプライベートまで、クルマとオーディオのある日常を満喫しているオーナー。すっかりオーディオが生活の一部になっている。

オーナーの現在の目標はクルマの乗り換えだ。すでに社会人としての経験も積んできたので、そろそろ少し大きめのサイズのクルマを手に入れようかと計画中だという。
「実は今考えているのはスポーティなクルマなんです。でもオーディオはしっかりと組みたいですけどね。走りの性能とオーディオを両立させるクルマを作りたいです。今すぐは難しいですが、近い将来には実現できるようにしたいです。その時のオーディオは仲間に内緒でこっそりインストールして、完成したときにお披露目して驚かそうと思っています」。
オーディオインストールを経験したことでクルマに対する趣味や仲間も大きく広がったオーナー。まだまだ満足することなく、次のシステム、次のクルマと進化を続けていく。

car audio newcomer! スズキ ワゴンRスティングレー(オーナー:山野祐介さん) by  custom&car Audio PARADA 後編

《土田康弘》

関連記事

関連ニュース

特集

page top